月城雪斗の人生日記!

僕の好きな事や日常の事や色んな事をここに記録します!

「ムーンライト・アサシン」十賢者の一人「セルク」

僕の考えている漫画「ムーンライト・アサシン」の登場キャラです!セルクは神から命じられ世界を影から操作する「十賢者」の一人です!セルクは元仙人です!額の目は仙人になった時に開眼した第3の眼「心眼」です!仙人になる前はとある山奥にある寺で修行の日々を送っていました!修行を重ね続け50年!人の限界を感じたセルクは仙人になり為に聖なる山の頂上にあるとされる「神水」を飲む事を決意します!しかしその山は険しくいくつもの試練を乗り越えなくてはいけなくさらに神水を飲めたとしても飲んだものが仙人に成り得るものでないと神水は毒へと変わりその者の命を奪うというものでした!セルクが頂上に着いたのは登り始めてから5年後もの年月が経ちいざ神水を飲もうとした時にセルクの心には死ぬかも知れないという恐怖と仙人になれるという期待感で入り混じり不思議な感覚に包まれていました!そこへ一人の仙人が現われセルクに告げました!「その神水はただの水じゃ!」っと!セルクはその言葉を聞いて一瞬キョトンとしたのですがすぐのその言葉の意味を理解しました!なぜこの山が聖なる山と言われているのか!なぜこんなにも険しく試練がいくつもあるのか!この5年間を振り返ると自然に答えが出て悟りました!自分はもう仙人になっていると!それからその仙人と人間界を離れ別次元に存在する仙人界へと連れられて修行の日々を過ごしていた所に十賢者のヴァ―リアスillust/60929140が現れ十賢者に入るよう誘いました!セルクはその誘いを断るとヴァ―リアスは一度その場を去ったその晩セルクに仙人長から「十賢者に入れ」と命が下りました!仙人長の引きつった顔を見てセルクはなにが起こった悟り十賢者のメンバーに入る事を承諾しました!人類自由派のグランドル派と神の意志は絶対のヴァ―リアス派に分かれた時は仙人界の事を考えヴァ―リアスにつきました!

【月城雪斗】「「ムーンライト・アサシン」十賢者の一人「セルク」」イラスト/月城 雪斗@ゆっくりいきます! [pixiv]